自動車保険の継続時には必ず契約内容の見直しを

あなたも保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンのアンケート結果

保険スクエアbang!なら、5分程度の入力で、 最大20社の保険会社へ見積もり依頼が可能!

各社の保険料を比べて、
できるだけ安い保険会社を選びましょう。

スクエアバンを利用して、
安くなった保険料の平均額は25000円!
あなたも保険料を節約できるかもしれませんよ!


⇒保険スクエアbang!での見積もりはこちら

自動車保険の継続時には必ず契約内容の見直しを

 

基本的に自動車保険は1年契約です。
最近は3年などの長期契約も増えてきてはいるようですが、
まだまだ1年契約が主流となっています。

 

ということは毎年、自動車保険の継続(更新)をするわけですが、
その継続手続きの際に、内容の見直しをしっかりしていますでしょうか。

 

もしかして、何も考えずに継続申込書を提出して、
保険料を払って継続していませんか。

 

基本的には何か自分の環境等に変化がある都度、
自動車保険の異動手続きが必要かどうかを検討する必要があるのですが、
継続の際は、自動車保険を考えるべきタイミングでもありますので、
不要な特約をつけていないかとか、運転者条件の変更が必要かとかを検討するようにしましょう。

 

そうしないと無駄な保険料を払ってしまったり、
適切な条件での契約ができていなかったりしまうので注意が必要なんです。

 

よくあるのが、免許の色がゴールドになったのに申告しなかったとか、
あとは年齢が26歳になったのに、運転者の年齢条件を21歳以上補償のままにしているとか。

 

あとは、少しくらいぶつけても直すことはしないような古い車になってるのに、
高い車両保険をいつまでもつけているとかいうのも多いですかね。

 

一番危険なのが、息子が18歳になって免許を取り、
その車を運転するようになったのに、年齢条件を変更していないというようなケース。
これは最悪ですよね。息子が事故をおこしてしまったら補償されませんからね。

 

ということで、自動車保険の継続時は見直しのチャンスですので、
満期案内が届いたら、必ず内容を見なおして、必要に応じて契約内容の修正しましょう。

 

また、継続のタイミングで保険会社を変えるという手もあります。
他の保険会社にほうが、今よりも保険料が安いかもしれませんよ。
見積もりしてみる価値はあると思います。