保険会社が示談交渉してくれないときがある

あなたも保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンのアンケート結果

保険スクエアbang!なら、5分程度の入力で、 最大20社の保険会社へ見積もり依頼が可能!

各社の保険料を比べて、
できるだけ安い保険会社を選びましょう。

スクエアバンを利用して、
安くなった保険料の平均額は25000円!
あなたも保険料を節約できるかもしれませんよ!


⇒保険スクエアbang!での見積もりはこちら

保険会社が示談交渉してくれないときがある

 

多くの方が、任意の自動車保険に加入していれば、
事故の際に相手との示談交渉を保険会社がしてくれると思っているようです。

 

もちろん、基本的にはそうなのですが、
実は相手方が100%悪いような事故のときには、保険会社は示談交渉を行ってくれないのです。
(もらい事故の場合が多いですね)

 

じゃあ誰が示談交渉やるのかっていうと、
自分でやるか、弁護士を雇ってやってもらうかってことになるのです。

 

まあ相手がすべて悪い事故ですから、
こちらの損害額を払ってもらうだけで簡単なケースもあるんですが、
たまに支払いを渋る相手もいたりするような困難なときも考えられるんです。

 

困ったもんですよね。
保険に入ってるから安心だと思っていたら、保険会社が示談交渉してくれないなんて。

 

実は示談交渉サービスって、対人賠償と対物賠償についているサービスなんです。
つまり、相手が100%悪いってことは、この2つの保険を使いませんので、
示談交渉サービスも使うことができないということなのです。

 

じゃあ、なんでこの2つの保険を使う場合でないと、示談交渉サービスがないのかというと、
それは弁護士法の関係で、保険会社はやりたくてもできないんですよね。

 

この部分の示談交渉を行ってしまうと、
弁護士会が「それは非弁行為じゃないか!!」と攻め立ててくるのです。

 

保険会社は過去にこの示談交渉サービスに関して、
弁護士会とかなりもめた過去があるようなんですよね。

 

それで、もらい事故のような相手が100%悪い事故に関しては
保険会社は示談交渉を行うことができないということなんです。

 

なので、この点が不安だという人は
弁護士費用特約はつけておいたほうがいいですよ。

 

これをつけておけば、もらい事故などで、保険会社が示談交渉してくれないときに
弁護士を雇って、かわりに交渉してもらえばいいわけですからね。

 

もらい事故って、実はかなり多いみたいですから、
この部分はケアしておいたほうがいいかもしれません。
弁護士費用特約は、そんなに高い特約じゃありませんし。