ロードサービス

あなたも保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンのアンケート結果

保険スクエアbang!なら、5分程度の入力で、 最大20社の保険会社へ見積もり依頼が可能!

各社の保険料を比べて、
できるだけ安い保険会社を選びましょう。

スクエアバンを利用して、
安くなった保険料の平均額は25000円!
あなたも保険料を節約できるかもしれませんよ!


⇒保険スクエアbang!での見積もりはこちら

ロードサービスは自動付帯とは限らない

 

最近の自動車保険には、多くの場合ロードサービスがついており、
各社、そのロードサービスの充実を売りにして宣伝していますよね。

 

でも、自動車保険に加入したからと言って、どこの保険会社であっても、
必ずロードサービスが付帯されているとは限らないので注意が必要です。

 

契約時に付帯する必要がある保険会社も存在する

どうやら、ほとんどの保険会社にて、ロードサービスは用意されているわけですが、
セゾン自動車のおとなの自動車保険のように、自動付帯ではなくて、
契約時に希望があれば付帯する必要がある保険会社というのも存在するのです。

 

もともとJAFに加入している人は、自動車保険にロードサービスが自動付帯されていると、
ダブってしまうので無駄であるという考え方から、選択できるようにしているわけですね。

 

ロードサービスの範囲を選べる保険会社もある

ロードサービスが自動付帯されている多くの自動車保険において、
ロードサービスのサービス内容といえば、トラブル時の応急作業や搬送、
そして、車が搬送された際の帰宅費用や緊急宿泊費といったものになります。

 

でも、一部保険会社では、そのサービスの範囲を選べるところもあります。

 

例えば、東京海上日動の場合、個人契約で特殊な車両でなければ
自動付帯でロードサービスがつくのですが、それだけだとサービス範囲は、
事故や故障の際の応急対応や搬送を一定範囲内で無料で行ってくれるだけ。

 

でも、「お車搬送時選べるアシスト特約」というものを付帯することで、
車が搬送となった場合のレンタカー代や緊急宿泊費、
帰宅費用、キャンセル費用までもが補償されるようにできるのです。

 

 

自動車保険の契約をしていれば、どの保険会社でも、
必ずロードサービスがついていると思っていた方は、
自分の契約に付帯されているのかチェックしてくださいね。

 

ついでに、各社ロードサービスの対象範囲もバラバラですから、
そのあたりも詳しく把握しておくといいと思います。