自動車保険 注意点

あなたも保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンのアンケート結果

保険スクエアbang!なら、5分程度の入力で、 最大20社の保険会社へ見積もり依頼が可能!

各社の保険料を比べて、
できるだけ安い保険会社を選びましょう。

スクエアバンを利用して、
安くなった保険料の平均額は25000円!
あなたも保険料を節約できるかもしれませんよ!


⇒保険スクエアbang!での見積もりはこちら

自動車保険は大事だけど分かりにくい

 

自動車事故のイラスト

マイカーをお持ちの方は、自賠責保険とあわせて、
任意の自動車保険に加入されていると思います。

 

自賠責保険に関しては、補償内容を選ぶことはできませんし、強制加入であり、加入していないと車検も通すことができないため、特に契約内容等について迷うようなことはなかったと思います。

 

でも、任意の自動車保険に関しては、
加入の義務はないですし、補償内容も複雑ですから、
いろいろ迷ったうえに、結局よく分からずに代理店等に言われたまま、
契約している方もかなり多いのではないでしょうか。

 

ですが、自動車保険というのは、万が一のときのためにとても重要なもの。
何か疑問点や不安を残したまま契約しているのもどうかと思います。
(もちろん、代理店の人がちゃんとやってくれてるのであれば問題はないんですけどね)

 

できれば、そんな疑問点や不安感を解消するために
少しでも学んでおくことが、日々の安心に繋がるのではないでしょうか。

 

このサイトでは、そんな自動車保険を契約するにあたって、
特に注意すべき点をいくつか紹介していきたいと思います。

 

とても重要なことばかりですので、ぜひチェックしていただければと思います。


 

任意の自動車保険の補償内容

 

自動車事故のイラスト2

まず加入が義務付けられている
自賠責保険の補償に触れておきましょう。

 

自賠責保険は、自動車事故の被害者を救済することが目的のため、被害者の死傷に対しての補償だけしかありません。つまり、任意保険の対人賠償保険だけということになります。

 

それも補償は無制限ではなく、
死亡の場合は3000万円。傷害の場合は最高120万円という最低限の内容になっているのです。

 

実際、人が亡くなってしまった場合の遺失利益というのは
ほとんどの場合、3000万円では足りませんし、
大怪我をしてしまった場合の治療費も120万円では足りない場合も多いでしょう。

 

そこで、任意の自動車保険が必要になるのですが、
その任意保険のほうにはどんな補償があるのかを簡単に説明してみます。

 

まずは事故の相手の損害に対する補償が、
「対人賠償保険」と「対物賠償保険」の2つになります。

 

この2つの保険の違いは、
損害が「人」なのか「物」なのかの違いになりますね。

 

事故の相手を死傷させてしまった場合は対人賠償。
事故の相手の物を壊してしまった場合が対物賠償ということになります。

 

どちらも他人に対する賠償責任を補償するものです。
実際の事故の際に誰を轢いてしまうかとか、どんな物を壊してしまうかなんて分かりません。

 

この2つは必ず「無制限」にしておくようにしましょう。

 

次に自分のほうに対する保険ですが、
「搭乗者傷害保険」「人身傷害保険」「車両保険」があります。
(他にも「無保険車傷害」や「自損事故保険」がありますが、
あまり使われることのない保険ですので説明は省略します)

 

「搭乗者傷害」と「人身傷害」はどちらも自分の車に乗っていた人が死傷してしまった場合の補償。
「車両保険」は、契約車両が損害を被ってしまった場合の補償になります。

 

搭乗者への補償については、
最低限の保険金額にしておけば十分ではないかと思います。

 

車両保険については、付帯することで保険料がかなり上がりますので、
比較的新しい車であれば、付帯したほうがいいかとは思いますが、
ある程度古くなったら、外してしまってもいいのかもしれません。

 

ただ、これはあくまでも契約者のニーズによると思いますので、
保険料の見積もりをして、付帯するかどうかを判断するのがいいと思います。

 

これらの保険以外にも、いくつかの特約がありますが、
この特約は、保険会社各社でそれぞれいろいろなものが販売されています。

 

この特約については、見積もりの際に各社の担当者と相談して、
決めるのがいいのではないかと思います。


 

等級制度

 

任意の自動車保険には等級というものがあります。

 

その人の無事故or事故の実績を1〜20であらわしたもので、
新規で加入すると6等級となり、1年間保険を使わなければ1つ上がり、
保険を使ってしまうと、基本的に3つ下がるというルールになっています。

 

この自動車保険の等級が上がれれば上がるほど、
保険料の割引率が上がって、どんどん保険料が安くなっていき、
最高の20等級になると、約6割くらい割引をされることになるのです。

 

この等級ですが、保険期間が一定期間あいてしまうと
引き継ぐことができなくなる場合があります。

 

毎年、保険期間が空くことがないように、
満期の前には更新の手続きをするのを忘れないようにしましょう。
せっかく高くなった等級が無駄になったら、もったいないですからね。